家と財産を守るための〜不動産の相続対策
家と財産を守るための〜不動産の相続対策
文書作成日:2023/11/20
埋蔵文化財包蔵地と解体工事への影響

相続した倉庫の解体工事をする際に、埋蔵文化財が及ぼす影響について教えてください。

Q
今月のご相談

 相続した倉庫が古いため、建物を解体し、更地にした上で売却することを検討しています。お隣の方から「このあたりには、埋蔵文化財が埋まっている可能性がある」と聞いたことがあります。埋蔵文化財が埋まっている可能性について、確認する方法はあるのでしょうか。また埋まっている場合、解体工事等に影響はあるのでしょうか。

A-1
ワンポイントアドバイス

 埋蔵文化財が埋まっている可能性については、教育委員会等へ“周知の埋蔵文化財包蔵地”の照会をすることで確認することができます。“周知の埋蔵文化財包蔵地”に該当した場合は、解体工事等について規制を受けることになります。

A-2
詳細解説
1.埋蔵文化財とは

 埋蔵文化財とは、土地に埋蔵されている文化財のことを指します(文化財保護法第92条)。

 文化財とは、日本にとって歴史上または芸術上価値の高いものとされる、建造物や絵画、彫刻などの有形文化財、演劇や音楽などの無形文化財、生活の推移の理解のために欠くことのできない民俗文化財、学術上の価値の高い貝塚・古墳等の記念物その他文化的景観や伝統的建造物群などを指します(同法第2条)。いずれもその文化財の保存と活用を図り、国民の文化的向上に資するとともに世界文化の進歩に貢献することを目的に制定された、文化財保護法により保護されています。

 埋蔵文化財の取扱いは、この文化財保護法の規定に基づくこととなります。

2.埋蔵文化財が埋まっているかどうかの確認方法

 埋蔵文化財が埋まっている可能性については、その工事予定地について埋蔵文化財が埋まっている土地(以下、埋蔵文化財包蔵地)として、その存在が知られている土地(以下、周知の埋蔵文化財包蔵地)の範囲内か否かを教育委員会等に照会等することで、確認することができます。具体的な手続は、各市町村のホームページなどでご確認ください。

 なお、文化庁によれば、周知の埋蔵文化財包蔵地は全国で約46万ヶ所あるそうです(文化庁HP「埋蔵文化財」)。

3.解体工事等への影響

 確認した結果、周知の埋蔵文化財包蔵地に該当した場合には、解体工事等について、下記のような規制を受けます。

(1)埋蔵文化財発掘届を教育委員会等へ提出

 工事の60日前までに、文化財保護法第93条に基づく届出を行う。(建物解体工事も含みます。)

(2)教育委員会等から「試掘調査」、「立会調査」、「慎重工事」の指示を受ける
  • @試掘調査…埋蔵文化財の保護が必要と認められた場合。工事着手前に実施する必要がある。
  • A立会調査…埋蔵文化財に与える影響が軽微であると判断された場合。工事施工時に立会により調査を行う。
  • B慎重工事…埋蔵文化財に影響はなく、@やAの必要がないと判断された場合。慎重に工事を行うことを条件に工事着手可。
(3)埋蔵文化財の記録保存等を行う

 上記@及びAにより埋蔵文化財が発見され、予定されている工事が埋蔵文化財の保存に影響を与えると判断された場合、発掘調査を実施した上で、埋蔵文化財の記録保存等を行う。

 上記@やAの結果、発掘調査まで行うことになった場合、その調査は慎重に行う必要があることから、調査に時間を要する可能性があります。したがって、解体工事を行う時期が大幅に遅れることが想定されます。

 事前に教育委員会等へ問合せすることにより、教育委員会等が把握している当該地周辺の過去の工事や発掘調査等を踏まえて、上記@やAの調査が指示される可能性について聞き取りできる可能性があります。工事予定地が周知の埋蔵文化財包蔵地の範囲内かどうかを含めて、事前に教育委員会等へ照会等してみることをお勧めいたします。

<参考>
 文化庁HP「埋蔵文化財
 江戸川区HP「埋蔵文化財に関するフローチャート

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。





お問合せ
山本会計事務所
〒530-0041
大阪市北区天神橋1-12-22
CABIN天神橋ビル6F
TEL:06-6357-4545
FAX:06-6357-4543